プロフィール

キューピーちゃん
キューピーちゃん

はじめまして。

キューピーちゃんです。

「恋愛で悩むのはもう終わりです」

これをモットーに生きています。

今回の記事は今まで書いてこなかった
キューピーちゃんの過去です。

 

・どうして恋愛講師になったのか?
・今までは何をしてきたのか?
・どんな経験をしてきたのか?

 

こんなことを振り返って書いていきます。

 

挫折を知っているからこその「今」があると思います。

 

そんな挫折や失敗があるからこそ
モテたいと思う気持ちに変わるきっかけや

背中を押す要素の1つになればいいと思っています。

 

挫折や失敗が心に常備され
それが自分を助けてくれるようになります。

 

僕と一緒に成長したいと思ってくれたら幸いです。

幼少期・気づき

サラリーマンの父親と専業主婦の母親
そして姉と祖母…

一般的な家庭に育だった。

小学校に上がるまでは僕は本当に引っ込み思案だった。

勝気なお姉ちゃんの後ろをいつもついて歩き
身体が小さいのも相まって女の子に間違えられるのも日常茶飯事でした。

それでもいじめられるようなことはなく
僕はスクスクと成長した。

そしてクラスの中心的な人気者になった。

 

理由は簡単で足が速かったから

 

でもこれには裏話がちゃんとあります。

 

「足が速ければモテる」を知っていた僕
ずっと放課後走り回るようになりました。

 

なぜかってモテたかったから笑

 

2歳年上のお姉ちゃんと6歳年上の親戚のお兄ちゃんと
ずっと遊んでいた僕は同級生よりマセていました。

 

だからこそ情報を同級生より早く取れ
裏で準備することができたのです。

 

モテたいから○○をしようとか
こう思われたいから○○をしよう

 

そんな可愛げのない少年でした。

小学生・コンプレックスと向き合う

小学3年の時に初めてコンプレックスと向き合うことになります。

それは体が小さいこと(チビ)

両親、姉も身長が低かったので
僕は悟りました。

 

僕は背が高くならない。

 

この衝撃は今でも覚えています。
(20歳まで毎日牛乳を飲んでたのは内緒です笑)

 

そして小学校ではクラスの中心でしたが
中学生になったらチビだからいじめられるのではないか?

僕はこう思いました。

そしてまた僕は裏で準備をします。

空手を習い始めて黒帯を目指す!

そして見事に中1の時には
黒帯をゲットするまでにいたりました。

そして案の定…
僕の身長は伸びませんでした。
(正確には伸びているが初めが小さすぎる感じ)

中学生・空手と不良でモテる

中学でもクラスの中心的な人気者の座を
キープすることに成功します。

僕が中学生ときは不良がモテる時代でした。

僕は迷わずグレました笑

そしたら案の定モテましたが(不良の女の子)
ややこしい揉め事も多くげんなりしていました。

世の中は空前のバンドブームだったので
不良は中学まで!高校に行ったらバンドを組もう!

僕はまた裏で準備を進めます。
楽器屋にベースを買いに行き音楽スクールに通いました。

高校生になった僕は相変わらず背も伸びず
クラスで一番チビでした。
(身長153)

でもバンドを組んでいてオシャレ!
空手も黒帯らしいよ!

こんな空気で高校でも中心的な人気者の座をゲットします。

高校生・バンドとオシャレでモテる

そしてパンチパーマだった髪型は金髪のショートヘア
ファッションもジャージから古着系にイメチェンしました。

高校ではバンドを組み文化祭やライブハウスで
演奏したりしていました。

そしたらモテるんですよね(バンド系の女の子)
見た目が変わったらモテる女の子の層も変わるんだな。

僕はこの時にこれに気が付きました。
それは17歳身長158センチの時でした。

そして僕はファッションの勉強をすることを決意します。

見た目を変えるだけで食い付きのいい女性の系統が変わる。
イケメンではないけどここで勝負できるなと思いました。

こうして僕は高校を卒業して
花の都大東京に上京することになります。

東京・初めての挫折

東京の新宿にある某アパレルの専門学校に入学し
そこにはオシャレな男がたくさんいました。

地元ではオシャレだっだ僕の武器が
まったく通じない世界に来てしまいました。

そこでも持ち前の裏で準備をします。

1番オシャレと言われてる男に近づいて
ファッションを丸パクリしました。

その時に流行っていたブランド物を買うのに
お金が全然足りません…。

その流れで初めての挫折を味わうことになります…。

・ここは新宿。
・お金が欲しい。
・夜しか時間がない。

そう歌舞伎町でホストを始めることにしました。

オシャレでモテてきた僕にしてみたら
まさに天職かもしれないと思いましたが…

現実は厳しかった。

来る日も来る日もお茶お引きました(売り上げがないこと)。

モテてきた僕が…

・毎日お茶を引き
・毎日雑用と掃除
・毎日先輩の酒を飲まされて吐きまくり

こんなはずじゃなかった
ホストは天職のはずなのに…

そんな時にお手本を発見しそしてまた裏で準備します。

イケメンではないのにナンバーに入っている人。

僕は速攻でその人をロックオンして
見て、聞いて、盗んで徹底的にマネしました。

・会話
・表情
・立ち振る舞い

どんな小さなことも見逃さないように
酔っぱらいながらメモ帳に書きまくりました。

そして盗んだものを徹底的に磨きました。

使えるもの使えないもの
自分に合うもの合わないもの

取捨選択しながらとにかく磨きました。

時間はみんなに平等です。
しかし時間の使い方は人それぞれです。

僕はすぐ稼ぎたいと思ったから
すぐに行動して習慣化した。

だってホストは4年で卒業すると決めていたので
半年でその人を追い抜いてやろうと思ってました。

無意識でできるレベルになるには
かなり時間はかかりました…

現実はそんなに甘くなかったですが
早く行動できたおかげで2年後にはその人を抜いていました。
(身長は160.2ここで止まります…)

そして僕は晴れて7桁プレーヤーになりました。

この時に僕がしたことがこの後役に立つとは
僕はまだ知りませんでした…。

洋服屋・運命の出会い

学校を卒業するタイミングでホストもやめて
古着屋さんでアルバイトすることに決めました。

理由は簡単で単純!
バイヤーになって世界を股にかけたらモテる!!

ホストを4年やった僕はこの間ほとんど
彼女を作っていませんでした。

それくらい売り上げ命で働いていました。

古着屋に入ってから僕は3店舗を任され
世界を股にかけるバイヤーになりました!

初めてのアメリカも刺激的で
新しい価値観にも出会いました。

それはノンバーバルコミュニケーションです。

僕はほとんど英語が喋れないので
身振り手振り、表情でコミュニケーションを取りました。

その時にアメリカ人の彼女?もできました。

3ヶ月で日本に帰ることが決まっていたので
泣く泣くさよならしました…

帰国後に久しぶりに真面目に付き合った彼女ができました。
(泣く泣くさよならしたのにw)

近くのデパートで働いていた子です。
結果的に4年付き合って別れることになるんですが…

最悪の結末が待っていました…

 

彼女を親友に奪われ
人生で初めての失恋です。

 

付き合う前は死ぬほどフラれてことはありますが
付き合ってからはフラれたことがなかったのに…

しかも親友と彼女を同時に失うことになりました。

ここで僕は昔の僕に戻ってしまいます。

そう、女遊びが大爆発です笑

仕事終わりにキャバクラに行き
やれそうなキャバ嬢をゲットしまくってました。

キャバ嬢の属性の見抜き方なんかもここで理解しました。

 

しかし気づいたら借金500万…

 

これじゃダメになる!と一念発起し29歳の時に独立します。

だって社長ってモテそうじゃないですか笑

セレクトショップを立ち上げましたが…
すぐに燃え尽き症候群になりました。

独立出来たらそれでよかったんだなと思いました。

しかしここで運命を変える男に出会います。

それはプロナンパ師でした。

同行してファッションを変えさせて
ナンパを教えているという男に出会いました。

しかし聞いていくと…

・会社組織として動いていること
・恋愛塾としては日本一だということ
・メルマガの読者が15万人以上いること

そして恋愛特化のショップを作ってほしいと
僕はプロナンパ師に口説かれました笑

断ること2年!!
ついにその会社に入社しました。

恋愛活動に特化したショップを立ち上げました。

そして丸め込まれて恋愛講師になりました笑

・入社1日目に無料レポートを書かされ
・入社1週間でメルマガを書かされ
・入社1か月でセミナーをやりました

この時にホストをやっていたことや裏で準備をしていること
キャバ嬢の落とし方が恋愛ノウハウになることを知りました。

僕は単純のモテたいからやっていたことで
誰かに教えてもらったことも教えたこともありませんでした。

しかし…

・それはすごいノウハウだ
・意識してやってきたこともっと教えて
・それをまとめて商材や塾を作ろう

あれよあれよという間に恋愛講師になりました。

10年で色々な人に出会いました。

通算2500人以上の恋愛で悩む男に会っていくと…

・モテるようになった人
・何にも変わらなかった人
・ノウハウコレクターがいること

 

モテない人がモテるようになった時
僕は自分のこと以上に嬉しかった。

 

悩みが深いほどモテるようになった時に
ふり幅が大きいこと。

モテるようになるのは簡単じゃないけど
実際に変わった人を何人も見てきました。

今までは会社の中だけでやってきたことを
新しくみんなに開放します。

もっとみんながモテるサポートをしたいと独立を決めました。

 

残念ながらよくいる恋愛コンサルタントのように
昔はモテなかったけどこんなに変わった!的ではないと思います。

 

しかし実際に僕に会えばわかると思います。

 

コンプレックスと上手く付き合いながら
イケメンではないけどモテてきた理由が。
(身長160.2)

 

習慣化さえできてしまえば
無意識にできるor裏準備をすると
生きてるだけで嫌でもモテるようになります。

まとめ【準備】

僕がモテるようになった1番のきっかけは
準備をしっかりする事でした。

そして早く準備することの重要さに気づいたことです。

この仕事を10年してきてモテるようになりたいと思うのは
早ければ早いほどいいと思うようになりました。

30歳の人に10年後にモテるようになりたいですか?

こんな質問は全く意味がありませんよね?

時間がない。

これを認識できている人が非常に少ないです。

よくある話ですが…

人生の中で今が1番若い。
今が残り時間が1番長い。

 

動くなら「今」なんです。

 

準備をしっかりすることです。
分からないことは習えばいいんです。

恋愛は若いほうが有利です。

僕も今年に入ってTwitterやブログやnoteを
手探りの中ではじめました。

 

もっと早くやっておけば…。

 

こんな風に思いましたが今はやってよかったと思います。

いい師匠にもめぐり逢いいろいろ勉強中ですが
これも行動したからこその出会いです。

 

やるなら今しかない!

 

時すでに遅しと10年後に嘆くなら
「今」動き出しましょう!!

 

心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる

 

まずは心を変えるために今、行動しましょう。

そうすれば嫌でもモテるようになります。

まとめ【モテで人間関係も円滑に】

僕はモテたいという願望に正直でした。

早く走る。
グレる。
バンドを組む。
人のマネをして盗む。

すべて女の子にモテるためにやったことです。

いろんな経験を積んでいくと
同性にもモテることが分かりました。

恋愛はコミュニケーション。

モテたいと思い行動してきたことが
仕事や人間関係も円滑にしていました。

第一印象が良ければどの現場でも
好印象を抱いてもらうことができます。

モテることで損することは絶対にありません。

これからも僕にかかわるすべての人と
一緒に成長できればいいと思います。

人にはいろんなタイプがいます。

僕はモテるというタイプなだけで
分からないこともたくさんあります。

だからこそ繋がる人からの学びを大事に成長していきたい。

そのためには自分が行動する事が大事です。

共に成長していきましょう!

まとめ【コミュニケーション】

現代のコミュニケーションにおいて
絶対に外せないものはLINEです。

もはややってない人を探すのが難しいくらい
連絡先交換はLINEになりました。

メールとも会話とも違う…

恋愛活動の初心者はここで間違いをしている人は多いです。

なので今回は最後まで読んでくれたお礼に無料で
嫌でもモテてしまう魔の恋愛術【LINE編】をプレゼントします。

意外と知らないLINEについて
有料級の情報を3本無料プレゼントします。

公式LINEに登録したらすぐに届きます。

一緒に楽しい人生にしましょう。

恋愛で悩むのはもう終わりです。
なぜって?私が来た!

キューピーちゃんの

【嫌でもモテてしまう魔の恋愛術【LINE編】を受け取る】

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました